二人目の英雄、メイジ<フェル>を紹介します。
フェルはメイジで、距離にかかわらず様々な魔法攻撃で敵の戦意を失わせる中〜遠距離型のキャラクターです。

まずはフェルの装備とスキルをご紹介します。
フェルはジャケットをはじめとする身軽な装備を身につけ、自分の体ほどある大きな杖を用いて敵を攻撃します。

■装備着用イメージ
image4

■スキル

通常攻撃

“鋭い刃”

前方12m以内のターゲットを3回攻撃する。

突風

“突風”

前方15m以内のターゲットとその周囲4m以内の最大6名に0.5秒間隔で4回攻撃し、打撃ごとに100%の確率でターゲットに強制移動させる。

氷のトゲ

“氷のトゲ”

前方12m以内のターゲットを1回攻撃して3m後ろに押し出し、3秒間移動速度30%低下効果を適用する。

落石

“落石”

前方15m以内のターゲットとその周囲4m以内の最大6名を4回攻撃する。

業火

“業火”

前方12m以内のターゲットを1回攻撃して6秒間火傷効果を適用し、2秒間隔でダメージを与える。

火炎球

“火炎球”

前方12m以内のターゲットを1回攻撃する。

氷結

“氷結”

自分の周囲4m以内のターゲット最大6名を1回攻撃して、3秒間攻撃速度50%減少および沈黙の効果を適用する。

地龍

“地龍”

前方12mまで貫通し、中間に位置したターゲットに1回ダメージを与え、3秒間転倒効果を適用する。

疾風

“疾風”

前方12mまで貫通して移動し、中間に位置したターゲットに1回ダメージを与える。

火炎壁

“火炎壁”

前方6m以内のターゲットを基準として5秒間、5回攻撃する炎の壁を形成する。

吹雪

“吹雪”

前方15m以内のターゲットとその周囲4m以内の最大6名を3秒間、0.5秒間隔で6回攻撃する吹雪地帯を形成し、3秒間移動速度30%低下効果を適用する。

地雷陣

“地雷陣”

自分の周囲4m以内のターゲット最大6名を1回攻撃し、1秒間気絶効果を適用した後、さらに1回強力な攻撃を加える。

波浪

“波浪”

自分の周囲4m以内のターゲット最大6名を5回攻撃して、2.5秒間無敵効果を適用する。

祝福

“祝福”

5秒間、自分の周囲20m以内の自分とパーティーメンバーの生命力を最大値の50%回復させる。

バリア

“バリア”

5秒間、自分とパーティーメンバーに無敵効果を適用する。


■フェルのバックストーリー
フェルについてもっと知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。
-----
フェルは、ナルに残った最後の精霊族です。
image1
精霊族はもともと、人間の目の届かない俗世とかけ離れた深い森に住んでいました。
彼らは森の中に村を作り、ひっそりと暮らしていました。
フェルは精霊族の女王候補として生まれた、精霊族にとって大切な少女でした。
image3
幼いフェルは外に出てはいけないという長老の言葉を無視して、よく村の外で遊んでいました。
その日も森を歩き回っていたフェルは、偶然黒い何かを発見しました。よく見ると、それは人間でした。
初めて見る人間を警戒して村に逃げようとしたフェルの耳に、人間のうめき声が聞こえました。
森で動物たちと育ったフェルは、怪我を負った人間をそのままにしておけず、村に連れ帰ります。

人間の名前は<ヘルメス>。彼は研究所で世界のための研究をしている学者なのだと語りました。
回復したヘルメスが目にした精霊族は、人間よりも高等な存在でした。そこで、彼は精霊族にある提案をしました。
精霊族の力を人間の世界で役立てないか、と。

しかし、人間という存在がどれほど奸悪であるかを知る長老たちは、彼の提案を拒否しました。そして、ヘルメスは村を追い出されてしまいます。
ヘルメスの優しさに心惹かれたフェルは、精霊族を説得しました。しかし、長老たちに逆に諭され、ヘルメスが追放されるのを見ていることしかできませんでした。
ヘルメスは精霊族の村を出る時、フェルに使節団と共に必ず戻ってくると約束しました。フェルはヘルメスが戻ってくる時までに必ず精霊族の皆を説得してみせると、彼に村への戻り方を教えました。

精霊族の村を出たヘルメスは、その後大勢の人間と共に再び精霊族の村にやって来ました。
彼が連れてきた人間たちは皆武装しており、精霊族の村に入ったと同時に、武器を振るい始めました。
人間たちは精霊族の村を焼き、手当たり次第に精霊族を捕まえていきました。

捕まった精霊族は謎の研究所に連れていかれてしまいます。その研究所こそ、ヘルメスの話に出てきた場所でした。
フェルと精霊族は恐ろしい生体実験の実験体になり、様々な実験が行われました。
多くの精霊族が命を落とし、辛うじて生き残った少数の精霊族も身体に障害が残ってしまいました。
精霊族の女王候補であったフェルも生体実験の対象になり、悍ましい実験を受けました。

苦しい実験の日々に泣き叫ぶフェルの喉は枯れ果ててしまいました。
希望もなく、全てを諦めて死を覚悟したフェルは、裏面の世界を目にします。

目の前に守護龍が現れたのです。彼女は自らの過ちを懺悔しました。
そして、自分を騙した人間を憎悪し、呪いました。

それを静かに見守っていた守護龍は、彼女に龍血を与えました。そして、同時に警告したのです。
龍血を飲んだ瞬間から精霊族としての平穏は望めず、人間の世界で永遠に近い悠久の時を彷徨うことになるだろうと。

それを聞いたフェルは、しかし全く躊躇せず龍血を飲み込みました。そして、彼女の暴走は始まったのです。
暴走したフェルはまず忌まわしい研究所に向かい、強大な魔力で破壊しつくしました。
image5
研究所を破壊したことで、彼女は正気を取り戻します。
これですべて終わることを望みましたが、フェルは本能的にヘルメスが生きていることを悟りました。

燃え朽ちる研究所を眺めながら、自分の罪を胸に抱き、苦しみのうちに命を落としていった仲間たちを想い弔いました。
そして、どこかで生きているであろうヘルメスを呪い、彼が所属する黒い月という団体に復讐することを誓いました。
その誓いを胸に、フェルは研究所を見下ろす丘から立ち去りました。

-----

これが、フェルの物語です。

フェルは強力な一撃を繰り出しますが、体力が低いので、コントロールに自信がある方にお勧めしたいキャラクターです。
可愛い見た目で強力な魔法を発動し相手を翻弄するメイジ<フェル>の紹介はここまでです。

最後にご紹介するキャラクターは鉄血の傭兵<カイル> です!