最後の英雄、鉄血の傭兵<カイル>を紹介します。
カイルは強力な防御力と体力をもつウォリアーで、巨大な両手武器を使って広域攻撃を仕掛ける近接型のキャラクターです。

まずはカイルの装備とスキルをご紹介します。
カイルは重装備をメインとした装備と、敵を薙ぎ払う大きな両手武器を身につけます。

■装備着用イメージ
image5

■スキル

通常攻撃

“鋭い刃”

前方3m以内のターゲットを3回攻撃する。

懲罰

“懲罰”

自分の周囲4m以内の最大6名を攻撃し、100%の確率で10秒間防御力50%減少効果を適用する。

猛打

“猛打”

前方3m以内のターゲットを3回素早く攻撃する。

制圧

“制圧”

前方12m以内のターゲットを1回攻撃し、100%の確率で2秒間転倒効果を適用する。

突進

“突進”

前方6mまでの最大6名を押しながら3回攻撃し、最後の1回の攻撃で3m押し出して転倒させる効果を適用する。

貫徹

“貫徹”

前方3m以内のターゲットを2回攻撃し、100%の確率で転倒効果とダメージの50%分の生命力を吸収する効果を適用する。

圧倒

“圧倒”

前方12m以内のターゲットに移動して1回攻撃し、転倒状態のターゲットに追加ダメージを与える。

闇龍牙

“闇龍牙”

前方12mまで貫通し、中間に位置したターゲットを1回攻撃する。

鉄槌

“鉄槌”

前方4m以内のターゲットを2回攻撃し、2回打撃後に100%の確率で3m後ろにノックバックする。

乱打

“乱打”

前方4m以内のターゲットに3回強力な攻撃を与える。

謀反

“謀反”

自分の周囲4m以内の最大6名を6回攻撃し、100%の確率で3秒間転倒効果を適用する。

玉砕

“玉砕”

前方4m以内の最大6名を3回攻撃し、転倒状態のターゲットに追加ダメージを与える。

粉砕

“粉砕”

前方4m以内の最大6名を4回攻撃する。

集中

“集中”

5秒間、自分の周囲15m以内の最大8名の敵が自分を攻撃するようにする。

喊声

“喊声”

60秒間、自分とパーティーメンバー全員の生命力を30%上昇させる。


■カイルのバックストーリー
カイルについてもっと知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。
-----
カイルの父親はカシモフ傭兵団の傭兵でした。 カイルは幼い頃からそんな父親の背中を見て育ち、剣の腕を磨きました。いつものようにモンスター討伐依頼を引き受けたカシモフ傭兵団は、急に数を増したモンスターに囲まれ、絶体絶命の危機に瀕しました。 カイルの父親は息子と仲間たちを救うため、自らの命を賭して道を切り開きました。
そして、カイルの父親と数人の傭兵の命を犠牲に、カシモフ傭兵団は無事生還することができたのです。

カイルはその後、傭兵団の団長であるカシモフの下で、勇猛な傭兵に成長しました。
しかし、多血質な面が強い青年でした。 カイルの父親に借りがあるカシモフがカイルに強く出れなかったためでもあります。
カイルは、危険な依頼は受けず常に安全な任務を選ぶカシモフを優柔不断な男だと思っており、カシモフに反発していました。

ある日、カシモフ傭兵団はモンスター退治の依頼を受けました。
血の気が多く、またカシモフへの反抗心をむき出しにしたカイルは、彼に従う一部の傭兵たちと共にモンスターたちのボスに突撃しました。 しかし、モンスターは彼の予想よりもはるかに強く、カイルと共に突撃した傭兵たちはすぐに危機に陥ってしまいました。
モンスターがカイルに襲い掛かった瞬間、傭兵団長カシモフの大剣が次々にモンスターたちの首を落とし、ボスの首も切り裂きました。
戦闘に勝利した…誰もがそう考えました。
ボスが倒されたことを知ったモンスターたちは散り散りに逃げていき、傭兵たちは勝利に酔いしれました。
しかし、死んだボスモンスターの首から黒いオーラが溢れ出し、傭兵団を飲み込みました。

傭兵団は亀裂の世界に吸い込まれ、世界の果てから這い出したかのような悍ましい怪物たちが彼らに襲い掛かりました。
怪物たちの放つ呪言は傭兵たちの精神を破壊し、傷ついた彼らはモンスターに変貌してしまいます。
image1
殆どの傭兵が亀裂の中で死に絶え、あるいはモンスターに変わってしまったなかで、カイルは直前まで仲間だったモンスターに剣を振るい始めました。
ひたすら剣を振るい続けたカイルは、遂に使い物にならなくなった自分の剣を捨て、地面に突き刺さっていたカシモフの大剣を引き抜きました。
カイル以外の傭兵たちが一人残らず死ぬか、モンスターに変わった瞬間、周囲の全てが灰に変わり消え去り、彼らを飲み込んだブラッディゲートも消えてしまいました。
image3
その瞬間に気を失ってしまったカイルが目を覚ますと、残されていたのは最後まで手にしていたカシモフの大剣だけでした。
カイルは仲間たちの凄絶な最後を思い出し、慟哭しました。彼らを死地に率いた自分自身を生涯決して許さないことを誓い、これからの人生を復讐と贖罪のために生きることを決心したのです。
image2
これ以降、カイルはブラッディゲートを追い、自ら危険に身をさらして生きてきました。
カイルはより危険な世界に飛び込むためにタリオンになることを決意し、飛行船「ベラシオン」に乗船しました。
-----

最後のキャラクター、鉄血の傭兵カイルの物語でした。

逞しい体力をもとにパーティーを支えるカイル!
パーティーの支柱役になりたい方にお勧めのキャラクターです。

これまでヴェンデッタに存在する三人のキャラクターをご紹介しました。
育てたいキャラクターは見つかりましたか?

次回は、ヴェンデッタのコンテンツについて紹介いたします。