LORB運営チームです。
いつも『ロード オブ ロイヤルブラッド』をご利用いただきありがとうございます。

今後開発者ノートを通じて、開発チームの進行状況をご案内する予定です。
開発者ノートで開発進行状況や不具合の内容についての気になる点を解消していただければと思います。 

では、開発者ノートの始まりです。

----------

今回の開発者ノートは1月のアップデートで確定した内容をお伝えしようと思います。今回のアップデートでは後継者の皆さまの意見を反映したシステムの改善、欠点の修正、利便性の改善が行われました。
1. 成長ボタンの追加
2. メニュー非表示処理
上記の内容は予定通り適用されます。 

また、さらに皆さまから頂いた意見を下記のように反映いたしました。
1. 大乱闘挑戦の際、連盟VS連盟でマッチングされます。
2. Ep.7のボスの出現時間が大戦場オープン時間と大乱闘オープン時間に重ならないように調整されます。
3. 村では自分のペット以外の他の後継者のペットも表示されます。

そしてご指摘の多かった不具合である、 
1. 敵と最初に遭遇すると時折スキルが無効となる不具合
2. 自動狩り中、時折動かなくなってしまう不具合
3. テラストーン強化の際、時折ボタン入力が無効となる不具合
などが修正されます。

ですが、残念ながら、
1. Ep.7挑戦の際、連盟同士のチャット削除
2. その場で復活の改善 
3. 連盟マークの変更
上記事項はシステム改善および不具合修正を優先的に処理したため1月のアップデートには含まれていません。

Ep.7連盟同士のチャットはEp.7エリアのコンセプトに合わせて連盟同士の対立状況をチャットでも見せようとする意図がありました。ですが、不便だという意見が多かったため、現在修正を検討しており、連盟間のチャットを分けるオプションを追加する方向で進めております。

その場で復活の改善の場合、その場で復活自体を削除して欲しいという意見が多かった半面、反対する意見もありました。このため開発チームでは敵と初めて交戦する際のスキルが無効になる不具合が「その場で復活」と重なって不満が上がったと判断して、バグの修正から解決することにしました。(このバグは今回修正されます。)その場で復活はバグ修正後、戦闘状況を見計らいながら改善していきます。

連盟マークの変更は、イメージの補完が必要であると判断し2月に延期しました。以上を除いた各種の利便性の追加と、それに伴う詳細内容はパッチ進行の前日のご案内させていただきます。

----------

最後に開発チームの1月以降の開発の方向性を少し公開いたします。
現在ロード オブ ロイヤルブラッドの最重要コンテンツの一つである大戦場を改善するために準備しています。
後継者様たちに大戦場を楽しんでもらえるように、基本ルールを変えるシステム改善(アシスト導入)も行う予定で、企画の整理ができ次第共有いたします。

ただし、大戦場の最も本質的な問題である、連盟同士のアンバランス問題を最優先的に解決するために、解決の方向性について引き続き協議を重ねております。

多くの皆さまがご意見を下さったサーバー統合も現在前向きに考えておりますが、以前に現在のサーバーで連盟のアンバランス問題を解消する方法の模索が先決であると思われます。
このため、次の対応策をゲーム内に適用する予定です。

1)占領戦の警備兵のスペック調整および向上
・大戦場の占領戦に配置されている警備兵を近距離/遠距離タイプで配置して警備兵がより複合的な対応をとるようになります。

変更前 変更後
近距離 遠距離 近距離 遠距離
17 0 6 11

・警備兵の攻撃の打撃数が上昇し、レベルが既存のLV.150からLV.180に向上します。これにより攻撃力/体力/移動速度が上昇します。

2)大戦場バフシステムの導入
・大戦場に参加する人員の戦闘力をすべて総合して、連盟間の戦闘力の差がある場合、劣勢である連盟に自動的にバフ効果が適用されます。

戦闘力の差 バフ効果(劣勢の連盟)
15%~29% PvPダメージ上昇率+10%適用
30%~49% PvPダメージ上昇率+20%適用
50%以上 PvPダメージ上昇率+30%適用

上記の二つの対応策はすべて1月17日のアップデートメンテナンス以降反映/適用される予定です。
今後、ノスレン/カーブロサーバーの統合を進めてゆく予定です。ロード オブ ロイヤルブラッドは複数の国でサービスしていますので、各国のプレイヤーの意見をまとめるため慎重に処理していくつもりです。
サーバー統合が決定した場合、すぐにご案内させていただきます。

頂戴した多くの声援にお応えできるような年になるよう、ベストを尽くしていく所存です。
今後ともLORBをよろしくお願いいたします。

LORB運営チーム